000011058
1:  ★@\(^o^)/ 2015/11/26(木) 13:40:19.47 ID:CAP_USER.net
 警視庁公安部の国際テロ摘発を専門とする部署が、日本に住むインドネシア人の兄弟を
逮捕しました。その容疑は、銃の部品で狙いを定めるために使う「ライフルスコープ」を
国の許可を得ずに、大量に輸出していた疑いです。実は、この兄弟のフェイスブックには、
イスラム過激派の画像が数多く掲載されていました。

 外為法違反などの疑いで逮捕されたのは、インドネシア国籍で東京・葛飾区のリサイク
ル会社社員イルヴァン・アリザル容疑者(31)と、兄で千葉市の工場作業員、デニ・ダ
ニエル容疑者(40)です。

 2人は、今年9月、国の許可を得ずにネットオークションで8050円で落札したライ
フル銃のスコープ1個を、インドネシアに向け国際郵便で不正に輸出した疑いが持たれて
います。

 デニ容疑者のフェイスブックには、ライフル銃のスコープを覗く自分の姿や、畳の上に
スコープが並べられている様子、さらに、国際郵便の伝票の写真も載っています。そして、
国際テロ組織アルカイダの元指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の動画や、イスラム過激
派の兵士とみられる写真も掲載されていました。

 「会社内では全然トラブルとかなくて、まじめにやっていたと思う」(デニ容疑者の同
僚)

 警視庁公安部は、25日午前、兄弟2人の関係先を家宅捜索し、ライフル銃のスコープ
29個を押収しました。いずれも本物のライフル銃で使用できるものとみられています。

 2人は、今年4月以降、ネットオークションでライフル銃のスコープ数十個やサバイバ
ルナイフ10本を購入。今年9月から先月にかけて今回の事件のほかに4回にわたり、ス
コープを国際郵便で不正に輸出していたとみられています。

 「スコープを転売して利益を得るのが目的だった」
 デニ容疑者はこのように話し、容疑を認めているということです。

 警視庁公安部は、2人が直接、テロ組織の支援をしていたとはみていませんが、転売先
など不正輸出の実態解明を進めています。


2015/11/25 16:16
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2643933.html

https://www.facebook.com/deni.b.dimas?fref=ts

調査の見方はこちら!

在日犯罪速報調査
 朝日産経毎日読売
報道XXX
氏名XXX
本名XXX
国籍XXX
住所XXX
罪状XXX

←外国人犯罪者は即刻強制送還しろと思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1448512819/:

【【東京/事件】ライフルスコープを不正輸出の疑い、インドネシア人兄弟の2人逮捕】の続きを読む